Image 1 1170x780

モバイル検索:歴史上6人の著名な日本の政治指導者史上

モバイル検索:歴史上の6人の日本の政治指導者

何世紀にもわたって、日本社会はその政治的価値とリーダーシップに関して非常に多くの価値と重要性を置いてきました。政府のポストを求めてきた政治指導者たちは、一生続く強い共同体意識とつながりを築くことに熱心です。それらは通常、理論、アイデア、カリスマ性ではなく、人間関係に焦点を当てた実用的なものとして説明されています。

さらに、日本の政治指導者は、自己犠牲の厳格な感覚と地域社会への執拗なコミットメントを支持しています。今日まで、国はその政界の中で恥の文化を維持しています。論争や批判に直面したとき、最も高位の日本の政治家でさえ、非難を受け入れて辞任するでしょう。これは、世論と承認が依然として彼らの優先事項の最優先事項であり、国の社会を徐々に形作っていることを意味します。

あなたが知っておくべき最も注目に値する日本の政治指導者をチェックしてください:

安倍晋三

2006年から2007年と2012年から2020年まで日本の首相を務めた安倍晋三は国の最も注目に値する指導者の一人です。彼は日本の歴史全体で最も長く勤めている首相であると考えられています。彼は政治的に著名な家族によって育てられたので、若い頃にも政治に参加するように促されました。

25歳の時、彼はすでに自由民主党の活発なメンバーでした。彼は、衆議院での彼のジュニア任期中に日本の歴史を書き直すように彼に促した国家主義的なアプローチを支持することで知られています。

彼が日本の首相になったとき、彼の計画と政治的見解は彼の最初の学期の進歩に向けて国を推進しました。たとえば、彼は増税する代わりに、国全体の支出を抑えることで予算のバランスをとることに成功しました。彼はまた、良好な外交関係に焦点を当て、米国との日本の同盟を継続した。

さらに、彼はナショナリズムの強い感覚を持っていたので、彼は子供たちと若者の間で国への愛を促進したかった。安倍政権下では、国防も固まった。日本の防衛庁は最終的に完全な軍事的地位にアップグレードされました。

首相としての2期目の開始時に、彼は国の経済政策の形成に焦点を合わせました。彼は、日本は経済成長を復活させるために迅速に行動し、デフレから脱出する必要があると述べた。これを達成するために、彼はアベノミクスとして知られる彼の経済戦略を形成しました。

孝明天皇

は明治維新の重要人物の一人でした。伝統的な継承順位により、彼は1846年から1867年まで、日本の121番目の天皇でした。 

彼の統治の間、アメリカ合衆国との最初の主要な接触のために国の増大する混乱に直面しなければならなかったのは孝明でした。 。それはペリー提督の統治下で行われ、日本は西側諸国への扉を開くことを余儀なくされ、200年以上の隔離を終わらせました。

孝明天皇は外国勢力を歓迎することに興味がなく、日本に影響を与えることははるかに少なかった。彼は、彼の許可がなくても、外交政策や合意が機能するたびに軽蔑と怒りを表明した。これには、日米和親条約や、欧米諸国との不平等な貿易協定からなるハリス条約が含まれます。 

彼の反西洋感情のために、彼は外国の商人や役人を殺害し迫害することを目的とした命令を課しました。起こった最も有名な事件の1つは、英国の商人チャールズ・レノックス・リチャードソンの殺害と下関と鹿児島への攻撃でした。

これらの暴力行為にもかかわらず、孝明天皇の西洋の影響と権力に対する厳格な反対には、より深い理由がありました。彼は、外力がすでに写真に写っているときでさえ、日本の精神と伝統的な価値観が波立たないままであることを望んでいました。このため、光明は今でも日本が100年前の価値観を今日まで維持するのを助けた政治指導者の一人です。

昭和

天皇は、1926年から1947年まで統治していた、日本の124番目の天皇でした。彼の統治の間、日本はすでに世界最大の大国の1つと見なされていました。それは、世界で3番目に大きな海軍力、9番目に大きな経済、そして国際連盟の常任理事国でした。さらに、日本の軍事化と帝国の拡大の間、彼は国家元首を務めました。

彼の治世が始まったとき、ヒロヒトは財政の混乱と政府内の軍事的影響力の増大に直面しました。彼の統治の間、行動主義と反乱も横行した。実際、1932年、彼は韓国の独立活動家である李奉昌が投げた手榴弾で暗殺されそうになった。

一連の反乱も起こり、1932年に犬養毅首相を殺害し、文民統制を終わらせた。さらに、軍事クーデターが発生し、政府高官や軍関係者が死亡した。これにより、昭和天皇はこの江師団を通じて反乱を鎮圧することになった。

これとは別に、昭和天皇は第二次世界大戦への関与で最もよく知られていました。日本が降伏したとき、彼は彼が犯したすべての戦争犯罪で起訴されなかったが、他の当局者は法の怒りに直面した。これまでのところ、これは日本の政治における最大の論争の1つであり続けています。

しかし、戦後、昭和天皇は日本が流血から立ち直っていたときに国の象徴にもなりました。彼の治世が終わったとき、日本は世界で二番目に大きい経済になりました。 

武田信玄

一流の軍事的リーダーシップと国内のスキルで知られる武田信玄は、日本史上最も影響力のある政治家の一人でした。幼い頃、彼はすでに熟練した詩人であり、彼の一族の貴重なメンバーでした。実際、彼はわずか15歳のときに、父が国連の口の戦いで勝利を収めるのを手伝いました。

しかし、5年後、彼は父親に反抗することを決心し、最終的には亡命しました。何年にもわたって、彼は戦闘での攻撃性を中心に展開するキャラクターを開発し、軍事戦略家としてのスキルを磨きました。軍国主義の能力とは別に、シンゲンはまた、税制、政府の法務行政を実施しました。富士川を渡るダムは彼の治世の最大の成果であることが知られていました。

また、織田信長と徳川が日本全体を支配するという計画を打ち負かした、熟練した軍事力を持った唯一の藩主でした。しかし、1573年に病気で亡くなったため、そうすることができませんでした。日本の文化は、新元が文学、芸術、テレビドラマ、映画を通して残した遺産を今でも覚えています。

伊藤博文

孝明天皇とは異なり、伊藤博文は両手を広げて日本の近代化を歓迎しました。彼は、西洋諸国を日本の社会と政治を形作るための彼のインスピレーションにした重要人物の一人として知られていました。しかし、彼は合衆国憲法を拒否し、代わりにイギリスとドイツのモデルを検討しました。

明治政府時代、博文は最も強力な人物の一人になりました。 1885年、彼は初代首相として君臨し、4回の地位を占めました。彼は帝国顧問として日本の政治環境に影響力を行使し、政党の結成を否定し、厳格な官僚主義を支持した。

国際的なシーンでも、博文は評判を確立していました。彼は野心的な外交政策を追求したかった。これを行うために、彼はドイツ、イギリス、アメリカ合衆国などの世界最強の西側諸国との外交関係を固めました。 

日露戦争後、博文は韓国を日本の保護領の一つにする条約の交渉のために韓国を訪れました。しかし、彼は韓国のナショナリズムを積極的に抑圧した。その結果、彼は華北の朝鮮独立運動のメンバーである安重根に暗殺された。 

彼の遺産を称えるために、彼は国葬を与えられました。しかし、日本の近代化への彼の最大の貢献は、彼の同胞によって支持されませんでした。日本人は彼らの歴史のロマンチックな英雄、つまり戦闘や軍事的目的を失った英雄にもっと興味を持っていました。

明治天皇は明治天皇

または明治大王とも呼ばれ、1867年から1912年まで統治していた、日本の122番目の皇帝でした。彼の治世中、彼は明治の修復を監督し、日本を世界最大の工業国の1つに変えました。 

明治が生まれたとき、日本は依然として孤立主義と封建国家であると考えられていました。それは、その伝統、信念、価値観、および政治システムを支持するために西洋の力に影響されることを拒否しました。しかし、彼の治世が終わったとき、日本は政治と経済の面で大きな変化を経験しました。

しかし、明治天皇の日本の近代化への貢献は、これまで議論の余地があり、不確実なままです。彼は日本の歴史における彼の遺産を証明することができる日記や手紙を書いたことはありません。彼を知っているか、彼に近い人々によって語られた物語は、矛盾しているか、重要な情報をほとんどまたはまったく含んでいませんでした。

日本の政治と歴史に関する詳細とニュースについては、モバイル検索で読み続けてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published.